中医学漢方ブログ

更年期障害

2020年01月27日

女性は7年、男性は8年ごとに更年期となります。
女性の閉経前後42才頃から56才頃までの更年期の変化が大きく障害がでやすくなる。
特に閉経後の10年くらいは気をつけましょう。→更年期障害のお問い合わせ

 
女性の更年期障害の症状でもっとも多いのが「ホットフラッシュ」のぼせですが、症状が全く同じではありません。

かーとのぼせるた時に?
①汗が出る
流れる・じわじわ
頭だけ・背中から上半身・首回り・全身
②汗は出ない
③のぼせた後に寒気が来る

かーとのぼせるのは?
①暑い時が多い
②寒くても
③朝起きてから午前中に集中
④午後から夜が多くなる
⑤緊張した時は必ず
⑥疲れた時に多い
⑦夜中寝てからものぼせて目が覚める

このように、
その方の体質によって「ホットフラッシュ」のぼせの状態に違いがあります。

その方の体質に合った漢方薬を選ぶことが大切です。→東京三鷹市の漢方薬専門 廣寿堂薬局にお問い合わせ下さい。
 


記事のカテゴリ 更年期障害

ブログ更新情報

「病院で治療して検査もしていたのに!」
病状を抑え検査をして正常範囲であっても、
対象療法だけでは、
病気の体質「病証」の改善にはなりません。

「薬物乱用頭痛」

アラフォーうつには漢方薬が効く!
40才を壁に生理不順や生理痛、頭痛なども起こりやすくなります。
自分の体と心と将来を守るためには?

  「繰り返す痛みの原因は?」
痛みには漢方薬が効く!痛む部位と内臓 とは関係がある? 
 
「二人目不妊の治療は!」

漢方薬で妊娠力を高めましょう。妊娠力とは?